2010年07月07日

グリーンスペインを西に向かう旅・見どころ

★グリーンスペインとは?
スペイン語でスペインヴェルデ。
4つの自治区(ガリシア、アストゥリアス、カンタブリア、バスク地方)で構成されるイベリア半島の北海岸。
海岸と内陸部と山、漁業と農業という相反する生活スタイルが融合している地域。
ガリシア地方のビスケー湾のリアス式海岸のバイシャスが有名。リアス式の「リア」とはリアス式海岸の語源となるスペイン語。

グリーンスペインを有名な書籍などとともに紹介していきます。
ハプスブルクの都・ウィーンを行く・北スペイン・サンチャゴへの道

★バスク州
スペインの北部に位置し、森に覆われているので湿度が高い地域
日本の風景と似ている。
スペイン・ガリシアを歩く 心の旅、サンティアゴ巡礼

有名な世界遺産はビスカヤ橋・・・運搬橋と呼ばれる真っ直ぐの橋。アルベルトデ・パシオが設計
通行料は40円で橋げたの上に登ることが可能。観光スポットとして有名
なぜまっすぐの橋なのかというと川を溯る船の運搬を妨げないようにするため。
世界遺産 一度は行きたい100選 ヨーロッパ

バスク州の言語はスペイン語のほかにバスク語という言葉が使用されている
バスク語のしくみ

有名なお城・・・パンプローナ ザビエル城
キリスト教を日本に伝えた伝教師、フランシスコザビエルの実家。ナバラ王国のお城。

バスクの料理ではイカスミが食べられている。


★カンタブリア州★
夏の高級リゾート地
コミージャス・・・ガウディの建築物があるところで小さな町。ビーチが綺麗なところ。
エル・カプリチョ[エルカプリチョ(碕想館)]・・・マクシモ・ディアス・デ・キハーノという人の依頼で1883〜1889年にかけてガウディが建設したお屋敷(別荘)。ガウディ30才の時の作品。
窓を開け閉めすると鐘の音が聞こえるのが特徴。
見どころは一部屋ずつ違うデザインの天井。
現オーナーは日本人

サンティアゴ巡礼の道
巡礼がしやすいように道のいろんなところにサンティアゴまでの道しるべがある
巡礼者が必ず持っているものは2つ。1つは巡礼手帳。巡礼した先のスタンプを押す。もうひとつはリュックにつけた帆立貝。サンティアゴのシンボルでお守りの意味がある。
最近では若い方でも自分を見つめ直すという意味で巡礼をする人が多いそうです。

サンティアゴ巡礼の道


★ガリシア州★
サンティアゴ大聖堂がある場所。
巡礼者に愛され続けたスイーツ サンティアゴケーキ・・・ケーキの上に十字が描かれている

大聖堂の隣に立つ建物「パラドール」(歴史的建造物を利用したホテル)が大聖堂の横に建てられているがホテルのほかの役割として巡礼者の病院として使用されていた。女性用と男性用の入り口が分かれているところが面白かったです。
スペインパラドール紀行―歴史遺産に泊まる (コロナ・ブックス)

ガリシア州の特徴としては森が日本と似ているところ。
大西洋にあるビーゴ湾は「リア」と呼ばれているがこの「リア」と言う言葉はリアス式海岸の語源となるスペイン語。
リアの海水は汽水(きすい・淡水と海水が混ざる)ので珍しい魚などもいる。
クンカという白ワインを飲むために使う器が日本のお茶碗やおちょこの形と似ていました。


★不思議な遺跡★
カストロ(CASTRO)と呼ばれる遺跡がガリシア地方にはある。
サンタテクラ遺跡(サンタ・テクラ遺跡)
古代文明(2000年前ローマ帝国支配時代)で、1917年に発見された。
石を円形に組んだ跡は住居と言われている

屋根は藁ぶき、中には炉の跡もある。炉はキッチンのように使われていたのかと推測されている。?
家の前に特徴的な渦巻きの模様がついた石のレリーフがある。表札のように使用して家紋のようなものと考えられている。
渦巻きの模様はそれぞれ違う。
ローマ帝国の影響はあまり受けていない。
サンタ・テクラ博物館にうずまきの石が展示されています。
こういった遺跡は30か所以上も発見されている。他にはバローニア遺跡など。
オーパーツと言われる(?)コスタリカの丸い石(球体の石)なんかも謎って言ってました。

ガリシア地方では、バグパイプが民族の象徴と考えられている楽器です。
バグパイプと言ってもスコットランドの伝統の楽器よりも小さく「ガイダ」と呼ばれるものでした。

2010年6月5日放送の世界ふしぎ発見からの情報でした。
posted by ぴよたまむ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立ち乗り飛行機!飛行機の立ち席が登場?!

「ついにヨーロッパでも立ち乗り飛行機が登場!立ちながらベルトで固定」というのをsearchina(サーチナニュース)で見つけました!
ニュースって引用していいかどうか分かんないんで、気になる方はこちらのサイトで確認してください。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0705&f=national_0705_105.shtml

ニュースの内容は、飛行機に立ち席が出来るってことです。
映画の立ち見席みたいなもんですよねぇ。。。
飛行機のたち乗り席っていうのは、中国ではすでに導入が検討されているそうです。
それがヨーロッパの航空会社「ライアンエアー」が検討してるそうです。
飛行機の余分なスペースを撤去して空いたスペースに立ち席のシートを用意するらしいですよ。
通勤電車みたいに何もないところでたってると危ないから、背もたれみたいなものに、一応安全ベルトみたいなものが付いた画像(写真)が載ってました。

ライアンエアーっていうのは格安航空券で有名な航空会社なんですね。
さらに安く航空券を提供するために検討ってことかなぁ?
2時間ぐらいのフライトだったら、立ってても疲れなさそうだけど、それ以上となると足がしびれそう。
それよりも、飛行機が揺れたら怖いよねぇ。。。
立って乗るジェットコースターみたい(>v<)

安全面ってどうなんだろう?
気になるけどやっぱり怖いし、でも海外旅行で少しでも安くなるんだったら興味あるし。。。
難しいところです(>v<)
posted by ぴよたまむ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

海外旅行で時間を増やす裏ワザ

海外旅行で有意義に時間を使うには?
自由時間は有効に使いたいですよね。

海外旅行に行くと行きたいところや食べたいところがたくさん。
ツアーだと自由時間が限られてるから事前に下調べは必須です☆
でも日本と違って土地勘がないし標識とかマークが全然違うから
分からないことだらけなんですよね。
日本で徒歩5分の距離が1時間かかっちゃったり。。。
(ぴよたまむの実話です)
時間も無駄だしタクシー代とかのお金も無駄(→o←)ゞ

旅慣れている人は別として初めての土地では迷うのが当然なんですよね。
だから場所に迷っても大丈夫なように時間を確保することってすごく大切なんですよ。

海外旅行の時間の確保の仕方って言えば一つしかありません。

【お土産を買う時間を減らすこと!】

海外旅行に行くと絶対にお土産って買うんですよねぇ。
自分のお土産なら選ぶ楽しさもあるけど
会社や近所に配る義理のお土産って選ぶのが大変。。。
なんでもいいや、とは思うもののその基準が分かんないんですよ。
海外旅行のお土産と言えば大体食べ物 お菓子が多いですよね。
日本でお菓子を買ってまずい!って思っても食べられないってほどのものはないんですよね。
でも海外の食品やお菓子って口に合わないものはとことん無理(>v<)
トイレの臭いのクッキーとか、虫みたいなゼリー。。。
「何でこんなもの選んだのかなぁ?もしかして嫌がらせ???」
なんて思ったこともありました(→o←)ゞ

せっかく時間をかけて選んだものがそんな風に思われるのも悲しいし。


だからぴよたまむは、海外旅行に行く時には日本でお土産を選んでそれを届けます。
世界のおみやげ - 三洋堂

ギフトランド
を利用してます。
どっちも使えるお店です。

三洋堂は100年の歴史を持つ老舗☆
ギフトランドは最短翌日に届きます。
買い忘れたお土産の数合わせに最適(o^-^o)

日本で選ばれてるギフトだから、激マズなお菓子はありません( ´艸`)
どっちも商品が豊富だし値段も安い♪

旅行に行く前日までに義理土産を選んでおけば
旅行先でお土産に使う労力と時間を節約出来ちゃうんですっ(‐^▽^‐)
余った時間でじっくりゆっくり観光や買い物。
自分のための時間がたっぷり作れちゃいますヽ(*^^*)ノ

興味がある方はこちらからどうぞ〜(@゚▽゚@)
世界のおみやげ - 三洋堂
ギフトランド


posted by ぴよたまむ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。