2009年07月19日

台湾台北の料理の味は日本人の舌に合う?

台北に行った時添乗員さんが言ってたんですけど、
台湾の料理って、塩分が少ないらしいんです。
だから味が濃い料理が好きだったり、
日頃から塩分をたくさん料理で使ってる人には、
すごく物足りない味がするかもしれないって言ってました。

ぴよたまむが台湾で食べたは、
確かに全部塩分控えめだと思いました。
ぴよたまむはいつも家で料理を作る時には
塩はほとんど使わないんです。
パスタを茹でる時と、オクラの産毛を取る時ぐらい?!
だから、ぜんぜん物足りないと思いませんでした。
ぴよたまむとしては、
あっさりしてるのにしっかりとした味がついているって思いました。

でも、普通の食事をしてる人には
ちょっと物足りないかも。
お塩とか醤油を持っていくといいかもしれないですね☆
posted by ぴよたまむ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾・台北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123790736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。