2009年07月15日

リング式単語帳は便利

リング式単語帳は海外旅行に便利です。
こんなやつ


ぴよたまむは海外旅行に行く時に
必ず持っていきます。

<リング式単語帳の使い方>
●現地の言葉を事前にメモ
●メモ帳として

●現地の言葉を事前にメモ
英語が通じる海外は
英語がしゃべれる人なら問題ないし
喋れなくてもなんとかなるんですよね。
でも、中国語みたいに
喋れない聞き取れない(ぴよたまむは)
ところに行く時には単語帳が便利なんです。
事前に必要だと思われる単語を
「右」・・・日本語
「左」・・・中国語
って書いておきます。
(反対でもいいけど)

例えば
トイレットペーパー
・・・手紙

いくらですか?
・・・多少钱?

日本語が話せる人はいますか?
・・・会说日语的人在吗?
[↑中国語の漢字は表記されてない!
すみませんが自分で調べてください]
のように。

中国語って発音が難しいから
すごく勉強した人は別として
なかなか通じないんですよ。
それに喋って通じたら
聞き取りも出来るって思われるから
当然のように早口の中国語で返事されます。
「何言ってるかわかんない・・・困った」
ってなっちゃいます(><。)
書いて見せると相手も
『喋れないし聞き取れないんだな』
って思ってもらえますから。
(日本に来てる外国人に同じことされたら
そう思いますよね)

ガイドブックみたいな本って
便利で海外旅行には必需品なんですけど
実際にしゃべる時には使うのが大変なんですよね。
もちろん日常会話の本は持っていくんですけど
それ以外にお手製の単語帳があると、
すぐに取り出せるから便利。
だいたい海外旅行の時って荷物が多くて
鞄からガイドブックを取り出すのが大変なんですよ。
お土産とか手荷物がたくさんあったら
ホントにイライラする。
だから、単語帳をポケットとか
鞄にひっかけておくと
すぐに取り出せてワタワタせずに会話が出来るんです。
単語帳=時間短縮ですね(-^▽^-)

●メモ帳として
上でも書いたように、
旅行中って手荷物が多いんですよ。
だから手帳を鞄から取り出すのも一苦労。
ツアーだったらガイドさんが
「メモしてくださいね」
っていう場面もあるし、
誰かに道を教えてもらった時に
すぐにメモりたい場面も出てきます。
そんな時に
『ちょっとまってね・・・ごそごそ』
ってしてたら、スマートじゃないし
それこそ、道端でそんなことをしてたら
スリに遭う確率も高くなります。
だから、単語帳を鞄に付けておくか
ポケットに入れておいて
(もちろんペンもすぐにとりだせるところですよ)
すぐにメモれるようにしておきます。

ぴよたまむが使ってるのは
動物型のかわいい単語カード


posted by ぴよたまむ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 持っていくと便利なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本語は通じるの?台湾・台北

日本語が通じるかどうかっていうのは
海外旅行に行く時って気になるポイントですよね。

台湾(台北)にはツアー+フリープランで行きました。
ツアーの時には添乗員さんがいるから
言葉の心配はいらなかったんですけど
フリーで回る時にはとても心配でした。

ダンナさまは一応英語が喋れるんで
相手が英語を話してくれたら大丈夫なんですけど
台湾語?中国語?しか喋れなかったら心配だなぁ
って思ったんです。

フリーの時にはタクシーに乗っていろいろ行ったんですけど
どこも誰も英語が喋れませんでした(→o←)ゞ
でも、私たちの言ってることを
一生懸命理解してくれようとしたり
自分の言葉を何とか伝えようとしてくれたり
すっごく思いやりがある国だなぁって思いました。

知り合いが中国に住んでるんですけど
その人が言うには
日本人が馴れない中国語を喋ると
同じ漢字でも違って伝わるから
行きたい場所があったり
食べたいものがあったら
漢字で書いたものを見せるといい
って言ってました。

だから出発前に時間があれば
リング式単語帳
(↓こんなやつ)

とかにまとめておくといいかもしれないです。

でも個人的にはこういう方がかわいい☆

posted by ぴよたまむ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾・台北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイペイ101ショッピング街の感想

台北101(たいぺいわんおーわん)には、いろんなお店がたくさん入ってます。
大阪で言えばヌーちゃやまちとか、ヒルトンウエストとか
そういう感じのショッピングモールです。
でも規模が全然違うんです。
一瞬、空港かな?って思っちゃうぐらい広かったです。
(ホントはそこまで広くはないけど。)
お洒落なショップが多くて
買い物好きな私たちはとても楽しめました。

フリープランで台北に行ったので
ツアーで行くより台湾を身近に感じられたような気がします。

全体の旅行を通して思ったのは
台湾と日本ってすっごく似てるなぁ
ってことです。

場所的にも近いし、親日の人も多いからかなぁ?

日本と似てるって思った一番のポイントは
お店に入った時に
「いらっしゃいませ〜〜〜☆」
って言ってくれることなんですo(*^▽^*)o

前に、上海に行ったときにも、
「いらっしゃいませ」は言ってくれたんですけど、
上海ではかなりの高級でしか、
聞いたことがなかったんですね。

でも台湾では、普通のお店でも愛想良く言ってくれるんです。
感じが良かったです。

でもはじめはなんて言ってるか分かんなかったんですね。
『ふぁいごーりん♪』
って聞こえたんですけど本当は
「歓迎光臨」
(huan1 ying2 guang1 lin2 ふぁん いん ぐぁん りん)
だそうです☆





posted by ぴよたまむ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾・台北ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。